占いの種類

 

神様からの賜物

誰でも皆、神様からの賜物を持っています。与えられた賜物を活かして仕事をすることが幸福への道なのです。(マタイによる福音書25章14節~30節)

 

 

占いは、命・卜・相(めい・ぼく・そう)の3種類に分類することができます。

「命」(めい)とは、運命・宿命を占うもので、占星術がその典型です。占星術では、生年月日からホロスコープを作成し、その人物の運命を占っていきます。四柱推命も同じように生年月日からその人の運命を占います。基本的に「命」の占いは、決定論的であり、本人の努力などの要素はあまり重視しません。

「卜」(ぼく)とは、タロット、トランプ、ダイスがその典型で、偶然性を重視した占いです。もともとカード占いは「机上の占星術」と言われ、机の上に並べたカードから星の動きを予想し、運勢を占うものでした。これは移ろいやすい人間の心そのものを示しています。

このことからも分かるようにカード占いでは、特に人間関係を重視し、どの人との交友を深め、どの人を切り捨てるべきかを見るノウハウに優れています。このことから「卜」の占いは、本人の努力といった後天的要素を肯定し、将来を切り開くための占いと言えるでしょう。

「相」(そう)とは、人相、手相など、表面に現れた特徴から、その背景にある潜在的な特徴を洞察していく占いです。基本的にはその人物の性格・将来性を占うのに適しています。人相や手相は、その人の生き方次第で、改善していくことが可能です。

 

 

次のページ 机上の占星術

 

 

Bizuraからのお知らせ
本サイトは、就職・転職に関する占い情報サイトです。本サイトでは、就職・転職の、紹介・斡旋等は行っておりません。本サイトに掲載されている内容の、無断転載・複製・転用を禁じます。

 

ココナラ

ココナラ

呉ジュリアン/プロフィール

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。