転職は避けた方が良い?

 

期待の新人って誰が言ったの?

期待の新人って誰が言ったの?

 

世の中の転職サイトは、転職を煽るような記事に満ちています。しかしそれは果たして本当でしょうか?まず、いきなり厳しいことから書きますが、今の日本の状況では、できるだけ転職しない方が賢明です。

新卒で就職した会社があれば、その会社で勤務を続けるのが一番賢いやり方です。考えてみて下さい。あなたがもし転職をすれば、新しい会社では、また新人として一からやり直しです。年下の先輩に気を使いながら、仕事をするはめになるかもしれません。

またもしあなたがヘッドハンティングを受けて、管理職として入社したのだとしても、状況はそれほど良いものではありません。あなたの上司は、あなたの仕事ぶりが給料に見合うものかどうか厳しくチェックしています。またあなたの部下も、新しい上司の仕事ぶりを細かく見ているのです。

そもそも日本企業では、未だ年功序列の風潮が強く、能力がなくても入社年次が古いというだけで、幅を利かせていることがよくあります。

日本の企業はゼネラリスト優勢なので、取引先のことをはじめ、業務のこと、人事のことなど、会社の歴史そのものを直接知っている人(入社年次の古い人物)の方が、もともとかなり有利な仕組みになっているということを、まずはよく理解しておくことが必要です。

 

 

次のページ 中高年に厳しい転職事情

 

 

Bizuraからのお知らせ
本サイトは、就職・転職に関する占い情報サイトです。本サイトでは、就職・転職の、紹介・斡旋等は行っておりません。本サイトに掲載されている内容の、無断転載・複製・転用を禁じます。

 

ココナラ

ココナラ

呉ジュリアン/プロフィール

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。