管理職転職の厳しい現実

 

管理職転職の厳しい現実

管理職転職の厳しい現実

 

管理職の転職で、一番求められるスキームは何でしょうか?それは実績を上げることです。

営業部門ならまずは売り上げを上げことです。管理部門なら、業務・組織・人事全般について再構築が求められるかもしれません。ヘッドハンティングをされた場合は、自分の価値が認められた喜びもあるでしょう。

新規事業の立ち上げでは、あなたの人脈がフルに活かせるかもしれません。例え小さな会社であっても、自分の価値が発揮できるのであれば、決して悪い転職とは言えません。

しかしちょっと考えてみて下さい。あなたの前任者はどうなったのでしょうか?実績を十分に上げられたのでしょうか?

実は転職市場での管理職は、一般兵卒と同じように、使い捨ての要素が多分に強いものになってしまっています。しかしこれは考えてみれば当たり前で、高い給料に見合った成果が常に求められているからです。

したがって、もしあなたが転職先の会社の業務に精通しておらず、またはその分野のエキスパートでないならば、見知らぬ新天地に憧れるよりは、今の職場で努力を続けた方が出世の早道であることは間違いありません。

 

 

次のページ 人材紹介会社の甘い罠

 

 

Bizuraからのお知らせ
本サイトは、就職・転職に関する占い情報サイトです。本サイトでは、就職・転職の、紹介・斡旋等は行っておりません。本サイトに掲載されている内容の、無断転載・複製・転用を禁じます。

 

ココナラ

ココナラ

呉ジュリアン/プロフィール

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。