就職・転職で「信頼できる」情報源とは何なのか?

コメントする

2017年8月10日 by bizura

今まで当サイトでは、就職・転職に関する、私の基本的な考え方を紹介してきました。

独断的だと思われた方もいるかもしれませんが、就職・転職に関する有益な情報が非常に少ない中で、雇用側の企業に騙されない、人材ビジネス業界から騙されない、そして就職・転職を通して自分自身の人生を切り拓いていく、自己実現のための就職・転職とは何なのかを、私なりに真剣に考え、書いてきたつもりです。

賢明な読者の方は「就職・転職に関する有益な情報が非常に少ない」という私の記述に「おや?」と思われたかもしれません。これだけ情報過多の時代に、しかもインターネットを中心にしてこれだけ就職・転職に関する情報が溢れている中で、「就職・転職に関する有益な情報が非常に少ない」とはどういう意味なのか?と疑問に思われたことでしょう。

しかし考えてみて下さい。例えば、転職に関する情報というのは、一体どこから来た情報なのでしょうか?それは転職サイトからの情報であり、転職支援や人材紹介などの人材ビジネス会社からの情報であり、結局それらは、元をたどれば、雇用側の企業から提供された情報です。

誤解を恐れずにハッキリと書くならば、転職サイトや人材紹介会社などは、転職を促進する側であり、普通に会社勤めをしている人の不安や不満に付け込み、転職した方が良いですよ・・・などと誘惑をする会社です。そのまま会社に残っていれば、勤務年数に応じて出世したであろう人に、「あなたのキャリアなら転職すれば、もっと給料が上がりますよ」とささやき、他人のキャリアを台無しにすることもある会社です。

もちろんこれはかなり悪意のある表現であり、転職で成功している事例も多くあることは、私も十分に承知しています。しかしこれだけはハッキリと理解して頂きたいと思います。転職ビジネスというのは、「実際に転職する人がいて、初めて売上が立つビジネス」だということです。

だから転職の場合、ほとんどの情報は転職させる方向性にバイアスがかかっているのです。

どんな会社でも、勤務していれば、多少なりとも不満を感じることもあるでしょうし、他人の芝生が青く見えてうらやましく感じられることもあります。しかし会社への不満が、転職によって解消できるのかについては、一度冷静になって考えてみる必要があると思います。

私は「就職・転職」専門の占い師という、かなり特殊な仕事をしています。普通の占い師というのは、繁華街で恋愛や結婚の相談をしていることが多いのです。たまに仕事運や金運を見ることもありますが、具体的な就職・転職の相談だけに特化するというのは、占い師の中でもかなり特殊な部類なのです。

しかしそれでも私が就職・転職に拘るのは、就職・転職の問題こそが、人生の選択の中でも最も大きな選択であり、その後の人生を左右するものだからです。

実際に私に就職・転職の相談をしてこられるご相談者様は、多くの場合は、転職の決断の後押しをして欲しいと思って依頼をしてきています。

「いやあ、転職先の会社は素晴らしい。」
「新しい会社では、きっとあなたのやりたいことができ、給料も上がることでしょう。」
こう言ってもらいたいのです。

しかし私は、そういったご相談者様の事情は理解できるのですが、転職した方が良いのか、転職しない方が良いのかについては、実際にトランプで鑑定した上で、その結果を冷静にお伝えするようにしています。

確かに、今の会社ではうまくいかなかったかれども、新しい会社では給料も上がり、待遇も良くなり、いろいろな問題が解決していくような理想的なケースもあるでしょう。しかし今の会社に不満を持って転職する場合、例え転職しても、結局は新しい会社でも同じ問題を抱えてしまうケースも多くあるのです。

また転職によって、待遇が明らかに不利になるのに、本人だけがそれに気付いていないケースも多くあります。例えば、有名企業への転職が決まった場合は、どうでしょうか?

転職先が有名企業だと、やはり嬉しいと思うでしょうし、誇らしいとも思うでしょう。就職勝ち組に仲間入りしたような感覚にもなりますし、友人にも自慢したくなるでしょう。しかし有名企業でも口コミサイトを見ると「土日出社は当たり前」「サービス残業が多い」「離職率が高い」などと、元社員の声が書かれていることが結構あります。

この様な場合、あなたが新しい会社の中で、はたして本当に勝ち残っていくことができるのかを、冷静になって一度よく考えてみる必要があるのです。

またこういった場合はどうでしょうか?
今勤めている会社が経営不振である、あるいは業績不振で他社に買収される、といった場合です。

実は、会社が経営不振という相談はよくあり、転職の典型的な相談例とも言えます。
しかし経営不振を理由にした転職が合理的かどうかは、実際には転職先との比較で考えてみないと何とも言えません。

いくら今勤めている会社が経営不振であったとしても、転職しない方が良い場合もあるからです。

例えば、転職先の会社も、今の会社と同様に経営不振の場合です。経営不振の会社が求人募集することはないと思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。例えば今年3月に格安旅行会社の「てるみくらぶ」が経営破綻しましたが、この時は4月から新卒で入社予定だった約50名が内定取り消しになりました。

また同じ業界への転職の場合、経営不振の原因が会社固有の事情によるのではなく、マーケットの縮小や、競争の激化など、業界全体の問題に起因していることもあり、その場合は転職先の会社でも同じ課題を抱えていることもあります。

例え今勤めている会社が経営不振であっても、将来業績が回復して出世できる可能性だってあります。経営不振の会社からは優秀な社員から順に辞めていくことが多いですが、あえて今の会社に残る、という選択肢だってあるのです。

また経営不振の会社以外にも、離職率が高く、社員を使い捨てにするような会社も避けるべきでしょう。離職率の高い会社は、口コミサイトをチェックすれば分かることが多いのですが、よく調べないで転職すると、悪い会社に引っかかってしまう可能性もあります。離職率の高さを、中途採用でカバーしている会社は結構多くありますので、注意が必要です。

転職先の会社の社風を知るための、最も確かで良い方法は、実際にその会社に勤務している人に聞いてみることです。もし知人にそういった人がいなければ、口コミサイトをチェックするしかありません。しかし口コミサイトも絶対ではありません。

中小企業の場合、口コミの書き込みがない会社もありますし、あまりに批判的な口コミはトラブル防止のため運営側の判断で削除されていることもあります。また口コミの件数が少ない、あるいは書き込みの日時が古いなどの理由で、記述の信ぴょう性に疑問を感じることもあるでしょう。

そういった場合は、就職・転職先を実際に占ってみるというのはどうでしょうか?
占いなどあまり信用できない、と考える方もいらっしゃるでしょう。

トランプ占いは、占いの種別の中では、「卜」(ぼく)という占いに分類されるのですが、古来より、卜の占いは、人生の岐路において、右に進むべきか左に進むべきか、を選択する場面で利用されてきました。右に進むべきか左に進むべきなのか、どちらがベストな選択なのかを、ハッキリと示すことができるというのが、トランプ占いの最大の特長です。

就職・転職を占い師に相談するなんて、バカげていると感じる人は大勢いると思います。しかしこれだけはハッキリと言えます。

​この先行き不透明な時代に、就職・転職が吉か凶かを、理性だけで全て判断できると考えていることの方がバカげています。就職・転職先を占いで決めることは決して愚かな選択ではありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ココナラ

ココナラ

呉ジュリアン/プロフィール

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。