明日、会社を辞めようと思っている方へ

コメントする

2017年4月10日 by bizura

春なので、新入社員向けの記事を書くことにした。

4月に入り、多くの人が新しい生活を始めた。学生時代とは全く違う生活。初めて一人暮らしを始めた人もいるだろう。毎日決まった時間に電車や車での通勤。ギュウギュウ詰めの満員電車・・・。

慣れない生活に戸惑うことも多いだろう。
しかしこれは誰しもが通る道・・・。我慢して乗り越えて行くしかない。

しばらくは新入社員研修を受けて、それから配属されることになるだろう。
会社によっては、すぐに現場に配属されてOJTを受けることになるかもしれない。

研修中や配属されてからも、しばらくはずっと「新人」として扱われる。それは当然だ。仕事のことなど、まだ何も知らないのだから、周りの人に仕事を教えてもらいながら、業務を覚えていく期間だからだ。

業務中でも、分からないことや、曖昧なことがあれば、いちいち先輩社員に判断を仰いで手順を確認していくしかない。しかしそれはあなたが「新人」だからである。先輩社員が優れているとか、あなたが劣っているとか、そういう意味ではない。

実際には、先輩社員の中には、ずぼらな人もいれば、いいかげんな人もいる。あなたより能力的に劣っている人もいるだろう。しかしそんな事情は今は関係ない。まずはあなたが仕事の上で「ひとり立ち」することが重要なのだ。

新人のうちは、あなたの仕事ぶりを心配して、いろいろな人が仕事の進捗をチェックしたり、仕事を監視したりしている。これはかなり鬱陶しく、かつ不愉快なことでもある。またこちらが分かっていることまで、いちいち指摘したり、余計な口出しをしてくる人も大勢いる。

しかしここでいちいち腹を立ててはならない。笑顔で「お礼」を言って、速やかにやり過ごそう。それがOJTを短期間で終了させるコツだ。

会社によっては、研修担当者間の引継ぎノートがあって、そこに研修の進捗状況や、研修中の態度、性格や注意点など、様々なことが記録されていることがある。「他人の話を聞かない」とか「短気ですぐにイライラした様子を見せる」などと書かれてしまうと、あなたのOJTは途端に陰鬱なものになってしまうのだ。

もちろん研修中に学んだことは何度でも復習をして、よく整理して理解することが一番重要である。しかしその他にも、教えてくれた人にはいつも笑顔で感謝を伝え、できるだけ誰とでも仲良くすることがOJTの秘訣だ。

だから研修中は、どんなに不愉快で理不尽なことがあったとしても、決して喧嘩をしたり、喧嘩腰の態度を取ってはいけない。これは社会人として当たり前のことである。

ビジネスの世界では、社内だけでなく社外の付き合いもある。不愉快で理不尽なことなど「あって当たり前」の世界なのだ。それなのに、まだ研修が始まったばかりなのに、いちいち腹を立てたり、喧嘩腰の態度を取ったりすれば、それはすなわち社会人失格ということなのだ。

・・・厳しい言葉が続いたが、別に精神論が書きたかった訳ではない。研修やOJTでは、不愉快だったり理不尽だと感じることが多いので、まず最初に書いておきたかったのだ。

そしてこれは新入社員の場合だけではない。実は転職した場合でも同じである。転職先の会社でもやはり研修がある。中途採用の場合、座学の研修はあまりないが、その分すぐにOJTが始まる。どんな場合でも、入ったばかりの時は、会社や業務のルールが分からないので、教えてもらいながらやっていくしかないのだ。

会社を辞めたくなった時「こんな会社、もう辞めさせてもらいます」・・・そう言い放って、さっそうと会社を後にできたら、確かに気持ちはせいせいするだろう。

しかし会社を辞めてしまったら、翌日からの生活はどうするのか?

翌日からは、転職サイトで会社を探して、履歴書を送って、面接を受けて・・・。そんな日々が始まってしまうのだ。次の仕事がなかなか決まらない・・・。それは経験した者にしか分からない、みじめな日々なのだ。

実際、入社後すぐに退職してしまうと、何の武器も持たないまま、転職市場に放り出されることになる。もしあなたが無名大学の卒業生なら「これだからFラン大卒は・・・」と言われるし、もし東大や早稲田を出ていれば「有名大学を出ても、これじゃあね・・・」と悪口を言われるのがオチなのだ。

だから多少の理不尽は我慢しよう。そして早く仕事で「ひとり立ち」できるようになろう。

実際、配属されてから、「この新人はもう大丈夫だな」と判断されると、途端に仕事の自由度が高くなる。仕事がだんだん楽しくなってくるのはそれからだ。仕事というのは、自分の裁量でできることが多ければ多いほど、楽しく感じられるのだ。

もしどうしても退職したいとしても、まずは仕事を覚えて、「ひとり立ち」できるようになってからの方が良い。研修期間というのは、お金をもらいながら仕事を教えてもらえる貴重な機会なのだ。どうしても納得できないことがあったとしても、そこは割り切って仕事をしよう。

実際に転職を成功させるには、それなりの努力と準備が必要なのだ。

今回は、研修期間中の新入社員のための記事を書いてみた。もし会社を辞めようと思っている人がいたなら、どうかこれを読んで思いとどまって欲しいと思う。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

ココナラ

ココナラ

呉ジュリアン/プロフィール

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。